20代のED

20代EDの対処法

20代のEDが増えているようです。

 

一番の原因はストレスのようです。

 

完全なEDでなくても、中折れになったり、途中でもできなくなったりなんてもあるようです。

 

ストレスにもいろいろあり
多いのは仕事上のストレスのです。

 

で、セックス自体がストレスの方もいるようです。

 

こんな時は

 

まずは、ED治療薬をためしてみる。

 

精のつく食事をしてみる。(亜鉛、セレン、ネバネバ系など)

 

気分転換をしてみるなどがあります。

 

場合によっては病院で相談してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

20代でEDになると大変ですね。

 

20代がEDになる理由として、

 

体力的な理由と精神的な理由とあると思いますが。

 

普通は精神的な理由が多いと思います。

 

簡単な方法はEDの薬を飲むことかと思います。

 

EDの薬にはバイアグラやシアリスやレビトラがあります。

 

私は全部飲んだことがあります。

 

いろいろな人の話を聞いても、

 

効果や副作用に個人差があります。

 

僕に効くのはシアリスやレビトラです。

 

僕がバイアグラを飲むと軽い頭痛が続くし、あまり硬くなりません。

 

あとは、栄養のあるものをとらないといけないですよね。

 

大事なのは、亜鉛、セレン、あとはシトルリンとかアルギニンが大切ですね。

 

亜鉛なら、牡蠣とかレバーとればいいのですが、

 

1日に必要な量は厚生労働省の指針では成人男性で12mg/日、成人女性では9mg/日だそうです。

 

若い人はダイエットやインスタント食品で不足することが多いようです。

 

こんな時はサプリメントで取得する方がいいようです。

 

セレンが含まれる食品は次のとおりですが

 

セレンは魚介類、動物の内臓、卵類に多く、ついで穀類、肉類、乳製品などに多く含まれる。
ただし穀類は土壌中のセレン濃度に大きく左右されるそうです。

 

 

食品名 μg/100g 食品名 μg/100g
かつお節 320μg まさば 64μg
あんこうきも 200μg ぶり 57μg
たらこ(生) 130μg まかじき 55μg
くろまぐろ 110μg まいわし 54μg
まがれい 110μg うなぎ 50μg
かつお(秋獲り) 100μg ひらめ 48μg
ずわいがに 97μg かき 48μg
まあじ(焼き) 77μg さんま(焼き) 44μg
あまだい 75μg するめいか 42μg

 

 

肉類

 

食品名 μg/100g 食品名 μg/100g
豚肝臓 67μg 牛肝臓 50μg
鶏肝臓 60μg

 

 

卵類

 

食品名 μg/100g 食品名 μg/100g
卵黄 56μg ピータン 29μg
うずら卵 46μg 卵白 21μg
全卵 32μg

 

 

穀類

 

食品名 μg/100g 食品名 μg/100g
強力粉 49μg スパゲッティ(ゆで) 28μg
フランスパン 29μg 食パン 24μg

 

 

その他

 

食品名 μg/100g 食品名 μg/100g
ひまわりの種 95μg カシューナッツ 27μg
マスタード 70μg

 

セレンの1人の必要量は45μgだそうです。

 

たとえば、豚の肝臓を100g食べればいいのですが、

 

毎日豚の肝臓を100gを食べるのも無理があるので、

 

こんな時はサプリメントがいいかと思います。

 

まあ、20代の方がEDになったら、病院に行ったり、食生活を見直したり、

 

精神的な原因であれば、

 

20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED 20代ED

 

20代のEDの対処法一口メモ

 

×